YouTube チャンネル登録者1000人を楽々クリアする方法について

チャンネル登録者1000人突破は、
新規参入者にとってかなり厳しい条件だと思います。

「新規参入者にとって」と言いましたが、
登録者1000人を突破したことが
一度でもある中級者にとっては、
この壁はさほど高くありません。

登録者数が増えるにしたがって、
だんだんと登録者の増加スピードが
アップしていくと知っているからです。

チャンネル登録者増加と登録者数の相関関係

ビジネスに限らず何事においても、
最初の一歩が一番キツいものです。

YouTubeのチャンネル登録者も例外ではなく、
0から100人までが一番きつく遠い道のりです。

世界中のほとんどのYouTube実践者が
100人まで達することなくチャンネルを放置します。

強靭な意志を持つ「すごい人」か、
経験者にサポートしてもらってる人だけが、
この100人を突破します。

で、100人を超すあたりで少し状況が変わります。

1日数人程度、登録してくれるようになるのです。

その後、300とか400とか動画が溜まってくると
何処かのタイミングで一気に伸びます。

その後は勝手にどんどん登録者が増えます。

よくあるパターンが、

「登録者800人を超えました!
そろそろ1000人行くかもです!」

とコンサル生から報告が入った2〜3日後に
1000人を超えます。

この時期は1日100人を超えてますね。

どうですか?

ワクワクしませんか?

今売れてるチャンネルも、
最初はほぼみんな、登録者少なくて
何度も諦めかかってます(笑)

というわけで、今くじけないだけでも
成功に近づいているということだけは
忘れないでくださいね!

チャンネル登録者を増やすために必要なこと

極論すると再生数命です。

再生数が伸びれば一定の確率で
登録者が増えます。

なので、雑多な芸能系チャンネルでも
トレンドで再生数を爆発させれば
すぐに登録者1000人に達します。

とはいえ、今後資産となるチャンネルを作るためには、
再生数命でやみくもにやっても、後々苦しみます。

属性ははっきりと絞った方がいいのです。

そのため、

1・チャンネルコンセプトを明確に打ち出す

これが必要です。

具体的には、

・チャンネル名にキーワードを入れる
・チャンネルアートもコンセプトのイメージに沿ったものにする
・チャンネル概要欄にしっかりとチャンネルコンセプトを記載
・サムネイルの画像やフォントのイメージを統一
・コンセプトに沿った特定のジャンルに特化する
・タイトル、説明欄、タグに、そのジャンル特有のキーワードを含める

といったところですね。

基本的にYouTubeもAIが色々判断しますので、
キーワードとかがちぐはぐになると
判断できなくなりますので注意が必要です。

2・これでもかとチャンネル登録を促す

動画の冒頭、最後、途中にチャンスがあれば・・・

ことあるごとにチャンネル登録を促してください。

その際に大事なのが、視聴者があなたのチャンネルに
登録するとどんなメリットがあるのかを
ガンガンにアピールしてください。

「メリットなんてないよー」

と言いたくなる気持ちもわかりますが、
概要欄に書くコンセプトを参考に
無理にでもメリットを伝えてください。

また、終了画面
ブランディングの透かしなども
活用しましょう。

↑ここから登録ボタン的な画像をアップロードします。

すると、画面右下に
こんな感じに登録ボタンが設置されるのです。

あとは「自分のチャンネルURL?sub_confirmation=1」
を説明欄の一番トップに貼り付けてください。

これを視聴者がクリックすると、
いきなりチャンネル登録しますか?
的な画面になります。

3・SNSを活用する

Twitter、アメブロ、フェイスブックなどで
動画を拡散します。

特にTwitterはゲーム実況やアニメ系と
相性がいいですし、
登録者をたった3動画で100人獲得とか
そんなのも狙えます。

ただし!

Twitterを使ったより効果的なやり方は
コンサル生のみに公開してます。

興味ある方は個別にご相談ください。

問い合わせ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です