YouTube動画におけるタグの重要性について

名前
メールアドレス

※GmailやYahoo!メールなどのPC用のアドレスを推奨します。

男というもの、
平均して3分に一度は◯ッチなことを
妄想しているといいます。

その平均値は正しいと思います。
オカザキです。

それにしても、裏ユーチューバーとして
日々活動していくうちに、
男なら必ず通る道というものがあるんです。

それが何かって??

しらばっくれるなよ男子諸君!

投稿者だって視聴者だって、
みんな大好きだろ!

そうです。
ちょい◯ッチ系動画です。

なんなんですかね?
YouTubeって◯ッチに厳しいはずなんですが、
なんか、結構そういう動画ありますよね。

また再生されまくってますよね。
そういうのが観たければ
それ専門のサービスを利用すればいいのに、
なんなんでしょう?

チラリズムがたまらないってことでしょうかね?
この感じ、女性には
わかりづらいかもしれませんね。

かく言う私も、かつてそっち系に
チャレンジしていたこともありました(遠い目)

チャンネルを開設した当時は
そこそこ再生数もあって、
これはいい感じだな、と思ってたのですが、
ある行為をした途端、
いきなり動画削除のラッシュに見舞われ、
泣く泣くチャンネル削除。
正直あの時はビビりました・・・

さてさて、
いままで順調だった◯ッチ系動画が
削除されまくるきっかけとなった
ある行為
とは・・・

YouTube動画におけるタグの重要性について

Youtubeに動画をアップすると
タグ入力欄があることに気づきます。

このタグって、いったいなんなのでしょう?

というわけで、YouTubeで
再生数をアップさせるために必要な要素の一つである
「タグ」
について解説していきます。

タグが何かというと、単純に言うと
「種類分け」ですね。

キーワードとして、
動画をジャンル分けするためのものです。

例えばスポーツ関連の動画でも、
「野球」「サッカー」「バレーボール」

等々、いくつも種類があります。

こういったものを正しく
カテゴリー分けするための要素
ということになります。

タグを入れるメリットとは?

タグは、視聴者からは見えません。

そのため、とうして重要なのかが
わかりにくいと思います。

なぜ、タグを入れた方がいいのか?
といいますと、

関連動画へ表示されやすくなるからです。

YouTubeの動画を観てると、
メインの動画の右隣りに
ずら~っと動画のサムネイルが並んでますよね?

あれです。

「関連動画に表示されることなにかいいことあるの?」

ありますとも!!
ありまくりです!!!

youtubeでは、youtube検索で動画を探してみる人よりも
関連動画に表示されている動画を見る人の方が
圧倒的に多いことが分かっています。

その数3倍〜5倍!

皆さんもそうじゃないですか?
表示されている動画を観終わったら、
関連動画に表示されている動画をクリックして
無限ループのように時が経つのを忘れて
動画を観まくってないですか?

全部関連動画の奴のせいですよ!
気をつけて下さいね!

だから逆にいうと、
あの関連動画に自分のチャンネルの動画が
表示されたら、
メチャクチャ再生数が稼げるわけですよ、

その関連動画に表示される要素の一つが
「タグ」というわけです。

TwitterやInstagramにおける
「ハッシュタグ」みたいなものでしょう。

ツイートに「#xxx」とタグを入れることで。
Twitterなどの検索窓で「キーワードを検索」すると
その投稿一覧が見えるようになる仕組みです。

そのキーワードに興味のある視聴者、
ユーザーに見られやすくなるということです。

YouTubeタグの付け方

管理画面から直接一個一個入力するのは面倒なので、
メモ帳などに基本的なタグを入力しておいて
その都度コピペするのが効率的です。

その際、

「恐怖,閲覧注意,オカルト,」と言うように、
コンマ[ , ]で区切って入力して下さい。

再生数をアップさせるためのタグの付け方

youtubeは関連動画に
似たような動画を表示しようとします。

似た動画を抽出する条件のひとつに
「共通のタグがあるか」
があります。

「閲覧注意」というタグが付けてある、
動画の関連動画には
同じく
「閲覧注意」と言うタグが付いている動画が
表示されやすくなります。

ということは・・・

「多くの人が選択してそうなタグを

入力しまくれば、関連動画に
表示されまくりなのか!
うはうはだな!」

・・・残念ながら「うはうは」には
なりません。

なぜなら、「閲覧注意」のように、
「多くの人が付けていそうなタグ」は競争率が高く、
自分のチャンネルが弱小な頃は、
関連動画に表示されることはほとんどないのです。

僕は当初、それに気づかず、
メジャーなタグを
一生懸命コピペしまくってましたが、
まあ無駄な作業でしたね。

「じゃあどうすればいいんだよ!!!!」

という話になってくると思いますが、
まあ、僕ならタグは
ディフェンシブに使いますよ。

どういうことかというと、
あまり人気動画のタグをパクリまくったり、
ガンガンに人気っぽいタグを入れまくったり、
そういう攻撃的なことはあまり行わず、
もっぱら自分のチャンネルのブランディングのために
使います。

要するに、自分のチャンネルに固有のものを
入れて、
自分の動画の関連動画に表示されやすくする、
ということです。

自分のチャンネルに固有のものって?

おわかりですよね?
単純に
「チャンネル名」です。

あと「チャンネルURL」。

チャンネルURLは以下の手順で確認できます。

・マイチャンネルにアクセスしURLを確認する。
・「https://www.youtube.com/channel/」の後に続く文字列が
チャンネルIDである。

あるいは

・マイチャンネル右上のユーザーアイコンをクリック
・歯車マーク「YOUTUBEの設定」をクリック


・概要の「詳細設定」をクリック


・「アカウント情報」の下部に
「YouTubeチャンネルID」が表示されている。

今さらYouTube動画へのタグ付けなんかに意味があるの?

なにがディフェンシブだよ!
そんなのとっくにやってるよ!
やってもやっても、
何も効果ないし!!!

という声が聞こえてきそうです(笑)

確かに、YouTube動画における
SEO対策に
劇的な効果があるものって
あまり、というか全然ないですよね。

そんなものが仮にあったとしても、
そんな情報はすぐに広まって陳腐化して
効果が薄れてしまいますしね。

怖いのは、いまだに
タグに自チャンネルのIDを入れれば
効果絶大、ガンガンに再生数を稼げますよ!
とかって言ってる情報発信者も
結構いらっしゃるってことです。

その人がYouTube実践者ではないのか、
かつては実践者だったけど、
今は稼ぎ方を売るだけなのか・・・

そういう情報を鵜呑みにすると
ド新人だった頃の僕のように、
「そっか!タグを付けまくればOKなんだ!」
と安易に信じて全く結果が出ず、
「俺って才能ないのかも・・・」
と自信喪失して、
最悪の場合、
挫折してしまうことになりかねません。

ただ、タグ自体は無駄ではないんですよ。

奴らは確実にタグを見てます。

私はかつて◯ッチ系のチャンネルを
運営してたのですが、
ある日、とある記事を読んだのです。

どんな記事かというと、
「YouTubeを100倍楽しむ方法」的な
視聴者のためのノウハウといった内容で、
その中で、YouTubeでア◯ルトを楽しむ方法
みたいなのがあったんですよ。

どんなことが書かれていたかというと、
規制が厳しいYouTubeにも、
結構ア◯ルト系がアップされていて、
そういうのを見つけるのに、

「18+」とか
「xxx」(隠語)とかで検索すると
ヒットしまくりますよ

って書かれてたので、
「そっか!じゃあそういうのを
自分の動画のタグに入れまくれば
再生されまくるんだな!」

ってことで
「18+」と「xxx」を
タグに入れまくったら
今まで何も言われてなかったのに
即日動画が削除されまくりました(泣)

奴らは確実にタグを見てます(泣)

そうは言っても、
タグ単体で劇的な効果を生むって
難しいと思うんですよ。

ただ、僕なりに再生数を上げる
よりアグレッシブな方法というものは
あることはあります。

タグ単体ではなく、
色々な要素を複合的に混ぜてくやり方です。

これについてはまた後日。

名前
メールアドレス

※GmailやYahoo!メールなどのPC用のアドレスを推奨します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です