LINE登録で次世代型YouTube集客の教科書をプレゼント

2021年・YouTube(アドセンス収益)の「税務情報」提出方法について

3月あたりからこのような情報がアドセンスやYouTube Studioで
表示されるようになりました。

重要:米国外にお住まいのクリエイターの皆様は、収益に対する税額が正確に計算されるよう、AdSenseで税務情報を提出する準備をお願いいたします。

あるいはこんなメールが3/10あたりに来てるかと思います。

こんにちは、
Googleは、今年後半(早ければ2021年6月)に米国外のクリエイターへの支払いから米国の税金を差し引く必要があるため、連絡を差し上げています。今後数週間にわたって、AdSenseで税務情報を送信して、控除する正しい税額が該当する場合はそれを決定するようお願いします。 2021年5月31日までに税務情報が提供されない場合、Googleは全世界の総収益の最大24%を控除する必要がある場合があります。

これを読む限り、

・税務情報をYouTubeに提出
・提出期限5/31まで
・やらない場合、収益の最大24%が控除される

ということなので、まだやってない方は、
この記事を見ながらすぐにやってしまいましょう。

マイナンバーだけ手元にご用意ください。

※YouTubeからの収益って何?という方はこちらを見てください↓

YouTubeで収益を得ることの出来る5つの方法について

YouTubeの収益に対する今後の税制変更

これ、どういうことかと言うと、アメリカの視聴者からの収益分の税金を
支払えってことです。

日本で運営している日本人向けのチャンネルであっても、
アメリカ人視聴者から発生した広告収入やスーパーチャットなどの収入があれば
課税対象になります。

とはいえ、これを読んでいる殆どの方のチャンネルは日本人向けだと思うので、
一見すると無視して良さそうな気もしますが・・・

居住地を問わず、YouTube で収益化を行っている世界中のすべてのクリエイターに、税務情報をご提出いただく必要があります。

YouTubeヘルプ

居住地を問わずすべてのクリエイターに情報を吐き出させる模様です・・・

24%って、馬鹿にならない数字なので頑張って手続きしましょう。

作業自体は簡単です。

Googleへの税務情報の提出方法・手順

まずはGoogleアドセンスのアカウントにログインしましょう。

・お支払いをクリック

・設定を管理するをクリック

・アメリカ合衆国の税務情報をクリック

・税務情報の追加をクリック

・パスワード入力

・口座の種類=個人 米国に居住=いいえ にチェック

・W-8 納税申告用紙タイプを選択

・個人名、マイナンバー等入力

・W-8BEN 納税フォームを入力

なお住所の英語表記化はこのサイトなどで行って見てください。

・租税条約を入力

・「はい」を選択
・米国との租税条約の適用のある国の移住者」にチェックマーク
・「日本」を選択

・特別な税率や条件を入力

「サービス(AdSense)」
「映画とテレビ番組(Youtube、Google Play)」
「その他の著作権(Youtube、Google Play)」
すべての項目にチェックを入れ、源泉徴収率を0%にしてください。

・書類のプレビュー

・納税証明を入力

・米国内で行っている活動とサービス、および宣誓供述書

ここは2パターンあります。

これまでにYoutube・AdSenseで収益を受け取ったことがない人は上の項目をチェック
すでにYoutube・AdSenseで収益を受け取ったことがある人は下の項目をチェック

となります。

・確認画面

以上で終了です!お疲れ様でした。

完了後に登録のGmail宛にこのようなメールが届きます。

以上となります。

これをやっておかないと、最悪収益の24%を持ってかれてしまいます。

税務情報さえ提出しておけば、税金が0円になりますので
2021年5月31日までに必ずやっておきましょう。

 

 

名前
メールアドレス

※GmailやYahoo!メールなどのPC用のアドレスを推奨します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です