LINE登録で次世代型YouTube集客の教科書をプレゼント

YouTube:テキスト動画の生き残る道について

オカザキです。

ここではいわゆるテキスト動画を
今後続けていくにはどうしたらいいか?

といいますか、YouTubeで稼ぎ続けるためには
どうしたらいいかを具体的に説明します。

こちらで説明したとおり、
YouTubeに好かれる動画というのは、
以下の特徴があります。

1・ガイドラインに沿った動画であること
2・YouTubeはSNSである
3・動画っぽい動画であること
4・パクリっぽくない動画であること

これらを踏まえた上で、
長期的に稼ぐことのできるチャンネルを
段階を経て構築していきましょう。

ガイドラインに沿った動画であること

思いっきり常識的ですよ(笑)
当たり前です(笑)

奴らが提示したガイドラインになるべく従いましょう。
最低限、以下のページの内容は見て理解して下さい。

https://www.youtube.com/intl/ja/yt/about/policies/#community-guidelines

特に下のように、ユーザーがチクり易いように
やり方をまとめてるコーナーがあることを
ぜひ知っておいて下さい。

で、奴らがガイドラインを提示する理由は何かというと、
「自社の運営するプラットフォームを無法地帯にしたくない」
ということだと思います。

「北斗の拳」で描かれた核戦争後の世界ですね。
筋肉質なモヒカンが「ヒャッハー!!!」って
言ってる世界です。

なぜそのような無法地帯にしたくないかというと、
・社会的な信用がなくなる
・スポンサーがつかなくなる
という理由が考えられます。

実際にYouTubeが無法地帯すぎて
大手スポンサーが一時期離れたことがあります。

逆に言うと、スポンサーから好かれる動画というのは、
イコールYouTubeからも好かれる可能性が高いです。

ところが…

Googleとスポンサーが大好きな動画さえ
作っておけばOKかといいますと、
そうでもありません。

というのも、彼らが眉をひそめそうなもの、
ガイドラインに抵触しそうなもの程
再生されまくる傾向にあるのです。

インターネットというのは、
まだまだアングラな世界です。

視聴者は普通にテレビや主要メディアで
観れるようなものを求めてるとは限りません。

ちょいエロ、グロ、お隣の国を面白おかしく
ディスる内容。

これらは、やればガンガンに再生されます。

後は見逃したテレビ番組や、
アニメやスポーツのハイライトとか。

Googleとスポンサーがやって欲しくないネタほど
視聴者は観たがるのです。

奴らが広告を乗せるにふさわしいと思う動画は、
大抵、初期段階ではかなり伸び悩みます。

ですので、テクニックとして、
こういうギリギリのところを攻めて
早くチャンネルを育てるという考え方もありますし、
そこには触れずに気長にコツコツと育てる、
という考え方もあります。

実際にチャンネルを育てるときに、
タイトルでちょっと攻めては引いたりとか、
その辺の駆け引きは大いにあり得ると思います。

YouTubeはSNSである

既存メディアすら凌駕する影響力を持って
今や飛ぶ鳥を落とす勢いのYouTubeですよ。

Googleも鼻高々でしょう。

「動画王に俺はなる!」
的なね(笑)

でも、実は奴らもコンプレックスを抱いてるんですよ。

コメント欄のことです。

YouTubeも結局は動画をシェアするサービスなので、
コメント欄を用意して、そこでユーザーが
コミュニケーションとって欲しいわけですよ。

フェイスブックやTwitterみたいになりたいんですね。

とはいえ、正直SNS化については
Googleはさほどうまくないのかも知れません。

どうも、他のSNSのような感じには
YouTubeのコメント欄はなってないですよね?

どちらかというと炎上気味というか・・・

というわけで、隙があれば
コメント欄で視聴者とコミュニケーションをとれば、
Googleは喜びます(笑)

荒れるのを恐れてコメント欄を書き込み不可にする
という選択肢もありますが、
僕の場合、コメントにリアクションするようになってから
チャンネルが大きく育った経験があります。

各フェイズについてのスタンスを記します。

ど底辺時代

平均再生数50人以下。
この時代はそもそも視聴者のリアクションがありません。
くじけないことが最重要です。

底辺時代

平均再生数100前後。
いいねクリックやたまのコメントがあります。
まさにこの時代から、コメントには積極的に
関わるようにしましょう。

中堅時代

平均再生数100〜500。
引き続き積極的にリアクションしましょう。
ジャンルによってはコメント欄が荒れてくる時期です。
返信しづらい内容の場合、いいねクリック。
いいねを押しづらい場合は無視。
あまりにも酷い場合は削除で対応します。

設定で特定のユーザーからのコメントをブロックしたり、
特定の単語をブロックしたり、YouTubeの機能で
色々コントロールができるので、
積極的に活用しましょう。

ブレイク期

再生数1000〜10000超えが
コンスタントに出始める時期です。

コメントへの対応はほどほどに。

著作権がらみのクレームとかには
真摯に対応してください。

そうすることで
逆にファン化する視聴者もいます。

世のクレームというのは、
ほとんどが、一次対応を誤ったために
重症化します。

初回のクレーム対応でユーザーの心に
しこりを残さないよう気をつけて下さい。

念の為ここでも書いておきますが、
チャンネル概要欄とかに、
連絡先のアドレスをのせといて下さい。

クレーム先を一本化することで
見落としをなくし、迅速に対応出来るように
しておきます。

無双期

勢いのある状態で登録者10000人超え。
動画アップロード後、一晩で10000再生超えなどという、
完全に勝ってる状態です。

この状態ではもはやコメント欄への
対応は不要です。

その暇があれば、他のチャンネルか
別ビジネスに手を伸ばして下さい。

唯一、著作権がらみのクレームだけ
気をつけて下さい。

動画っぽい動画であること

これもまあ、非常に当たり前の話なのですが、
YouTube的には動画っぽい動画を評価する傾向にあります。

で、何を持って動画っぽいのかと言いますと、

1・絵が動いてる
2・人が喋ってる

という点に尽きると思います。

絵が動いてる

文字通り、画面が動画っぽく動いてないと
チープな作りの動画と思われます。
スライドショーにスクロール文字が流れてる程度では
評価はあまり期待出来ません。

テキスト動画だと、電撃ランキングばりに
スライドショーの枚数を増やし(2秒に1枚クラスw)、
文字もスクロールではなく、個別に入れていく感じにすることで、
多少動画っぽさが出て評価が上がることがあります。

撮影した動画を使う→当たり前だけど
これをやると動画っぽくなります。

オープニングとエンディングに
テンプレートで撮影動画を使うと効率的に
動画っぽく出来ます。

オープニングタイトルを外注さんに作ってもらうのも
ありです。

↓こことかで発注出来ますよ。
https://coconala.com

人が喋ってる

テキスト動画だと
淡々とBGMと文字が流れるだけになることが
多いですが、音声を入れることにより
多少動画っぽさが増します。

AIトークを始めとした音声ソフトで
ナレーションを入れているチャンネルも多いですが、
ソフトウェアの声か肉声なのか、最近のYouTubeは
判別可能になってます。

ですので、可能であればナレーターを雇って
スクロールの内容を喋っていただくのが理想です。

パクリっぽくない動画であること

YouTubeがパクり動画で溢れていることは
すでに周知の事実です。

当然YouTube側もその点については
コンテンツIDによる著作権管理や
度重なる削除祭りなどにより
かなりガチに対応しています。

これまでのYouTubeアドセンスというのは、
「パクリ放題な環境でガンガンにパクって稼ごう!」
というコンセプトでした。

「ラジオ音声をパクってもあまり文句言われないから
ラジオ動画で稼ごう!」

「テキストを動画化するとパクリ検知されないから
テキスト動画で稼ごう!」

↑こういうのがYouTubeの実態だったわけですね(笑)

現在はどうかというと、ラジオ動画はすでにヤバいです。

テキスト動画も、パクりについては、今後
規制がかけられるんじゃないかと思います。
※テキスト動画という手法自体は違法ではないです。

ですので、「脱パクり」というのが
今後は求められるようになると思います。

とはいえ、完全オリジナルでないとダメかというと
決してそんなことはありません。

以下の方法でオリジナル、もしくは
オリジナルっぽくすることが可能です。

リライト

要するに元ネタを言葉遣いや順番を変えて、
オリジナルであるかのような文章に仕立てるということです。

テキスト動画のテキスト部分をオリジナルにすれば、
なんら違法性がなくなるわけですし、
この部分は外注化も可能ですので、
収益化に成功したらやってみたいところです

ブログのようなテキスト主体のジャンルでも
これは通用するのです。

ていうか、全てのコンテンツは、
過去の何かしらのリライトと言って
いいのではないでしょうか。

スライドショーを徹底的に凝る

電撃ランキングっぽい動画ということです。

あれ、数秒に一枚、画像が切り替わって、
しかも写真も静止してないでズームしたり
色々動きますからね。

かなり動画っぽいスライドショーです。

ただ、勘違いして欲しくないのが、
視聴者は凝った編集の動画がみたいわけではないのです。

これは手間がかかる上に、
このような動画にしたからといって
再生数が伸びるとは限りません。

それよりも、視聴者が求めているネタを探し、
タイトル、サムネイルで興味を掻き立てることに
まずは集中すべきです。

ブレイク期から無双期あたりの段階で、
ライバルを一気に引き離し、なおかつ安全なチャンネルに
育てるのに有効な手段と思っておいて下さい。

お金もかかりますしね。

パワポ+声出し

こちらはもう少し現実的なプランです。

テキストそのものは、
パワーポイントで要点だけまとめて、
細かい内容は自分自身がニュースのように
読み上げるというものです。

音声の波形データとテキストデータで
パクリを検出とか、
さすがに無理ではないかと踏んでます(笑)

ちょっと手間がかかりますが、
声の部分の外注化も可能ですし、
わりと初期段階からやってもいい気がします。

顔出し

KAZUYAチャンネルのように、
自分がニュースキャスターorコメンテーターに
なってしまいましょう。

顔出しが嫌なら覆面をかぶるという手もあります(笑)

これも、多分、外注化可能です。

役者、モデル、声優など、自分を売りたいという人は
いくらでもいますから。

アバター的なソフトを使う

ゆっくり実況などでおなじみのアレです。

まさにゲーム実況などでは有効ですし、
やり方を工夫すればどんなジャンルでも
適用可能です。

機材と技術がいるような気がしますが・・・

オープニングに凝る

オープニングとエンディングにだけ、
モデルさんとかを使って動画をとります。

何パターンか撮れば、
あとは使い回し出いけますので、
意外と楽ちんなやり方です。

かなり他のチャンネルと差別化できます。

まとめ

テキストスクロール動画が封じられて、
YouTubeオワコン化っぽい雰囲気になりました。

実際にYouTubeの稼ぎ方を教える人が
激減してますし、
そっち系の教材なども、今はほとんど見かけません。

一方で、かつては月収50万〜100万いけば
いい方のYouTubeでしたが、
ここ最近はというと、月収200万〜500万、
あるいは1000万などといったベラボーな数字を
よく聞きます。

実際にリアルタイムでめちゃくちゃ稼いでる人が
存在します。

この格差はいったいなんなのでしょう。

やはりテキスト動画では稼げない?
オリジナルのユーチューバーでないと無理?

いやいや、テキスト動画でガンガンに稼いでる人が
実在するのですよ。

需要のあるネタを選び、それを欲している人の前に置けば、
それがテキスト動画だろうがなんだろうが、
問題なく再生されるのです。

ま、スクロールがダメになったのは正直痛いですが、
やり方によってはまだまだ稼げるということです。

がんばりましょう!