顔出しなしで簡単にYouTubeを始められる方法①(完全無料)

今回は、動画制作未経験者が
顔出しなし、撮影なしで完全無料で出来る
YouTube動画の作り方を説明します。

1本1時間以内で制作可能なので、
お忙しいあなたにも十分実践可能です。

この記事を読むだけで、
今日から無料でYouTubeデビューすることが
初心者のあなたにも可能です。

ネットビジネス初心者がYouTubeをやるべき理由

そもそも、なんで初心者向けのYouTube実践方法を
説明するのかというと、
以下2つの理由があるからです。

1・ブログや転売などと比べて楽

意外に思われるかもしれませんが、
例えばブログに毎日2000文字以上の記事を書くのって
よほど文章を書くのが好きでない限り、相当な苦痛です。

人が読むに値するレベルの文章を
初心者が書くとなると、
3時間はかかると思ってください。

なおかつ、ブログは一見簡単そうなので、
ものすごい沢山の人が参入してます。

いわばレッドオーシャンです。

かなり多数のライバルを
蹴落とさなければなりません。

転売についていうと、
結果が出やすいジャンルなのは間違いないですが、
とにかく体力勝負なところがあります。

商品を仕入れて検品して梱包して発送、
という一連の流れが、毎日となると
かなり苦痛になります。

実際に僕のクライアントには
転売で稼いでる方も多くいますが、
みんな口を揃えて

「オカザキさんはめんどくさがりなんで
転売には向いてないと思います。」

とか言います。

2・今後ネットは動画メインになる

今、日本人のあらゆる年代が、
スマホを所持してます。

その普及率は85%!

これらの人々が、実際にスマホで
何をやってるのかと言うと、
LINEやSNSを見るか、
YouTubeで動画を見るかがメインですね。

あなたにもそのような実感が
あるのではないでしょうか?

そのため、今後はYouTubeのような動画メディアや
LINE、インスタグラムといったSNSが
ネットビジネスのメインフィールドになります。

このような時代に、YouTubeを無視するのは
ビジネスを実践する人間としては愚の骨頂です。

例えるなら、インターネット全盛のこの時代に、
web広告を使わないで、バイトを雇って
各家庭のポストにチラシを入れるぐらい
愚の骨頂です。

アドセンス収入だけでなく、
自らのブランド強化や
リストやセミナーへの集客など、
あらゆる場面で絶大な効果を発揮するのが
YouTubeなのです。

3・近い将来飽和します

あれ?2つの理由って言ってなかったか?

まあまあ、増えるのはいいことなんで(笑)

お気づきの方も多いと思いますが、
今、YouTubeには、多くのタレントや
企業が参入してきてます。

なので、数年後にはテレビのような
初心者の参入する余地のないメディアに
YouTubeは必ずなります。

なので、現時点から速攻でスタートした人のみ、
今後も安定してYouTubeから収入を得ることが
出来るのです。

と言うわけで、前置きが長くなりましたが
ノウハウは簡単なんでサクっと説明します。

顔出しなし、完全無料のニュース系YouTubeの始め方

顔出しなしで始められるYouTubeの手法は
他にもいくつかありますが、
今回はニュースやビジネス、教育といった
コンテンツに向いた手法です。

ニュース系YouTubeに必要なもの

・マイク内蔵のパソコン
・QuickTimePlayer(ソフトウェア)

今回の手法は声出しが必要です。
※声出し不要のやり方についてはまた別途紹介しますね。

そのため、マイクは必要です。

まあ、最近のPCなら大抵ついてるとは
思いますが、もしない場合は
外付けのマイクを買うか、
オペレーションが少し面倒ですが
スマホで録音してください。

また、QuickTimePlayerとは、
Macには標準で入っているソフトで、
windows版も無料でダウンロード出来ます。

他にもフリーソフトがあるので
こちらを参考にしてみてください。

動画制作方法

例えばなんらかのニュースサイトを開きます。

Yahooニュースとかで良いでしょう。

気になるニュース記事を開いたら、
そのページを画面収録しながら
読み上げつつ、自分自身のコメントを
随所に盛り込みます。

具体的には、QuickTimePlayerの
「新規画面収録」という機能を使います。

ファイルメニューから「新規画面収録」を
クリックすると、以下のように収録範囲が
選択出来ます。

範囲はマウス操作で色々変えられるので、
お好みに調整していただき、マイクの設定も確認します。

この設定が外れてると
無音になってしまうので、
忘れないようにしてください。

これだけだと、具体的になにをやっていいのか
イメージしづらいと思うので、
実際にこの手法で収益化されてる動画を
ご紹介します。(僕のチャンネルではないです)

※運営者やYouTube側の都合で動画が非公開になる可能性もあります。
その場合はお手数ですがこちらにご一報いただけると助かります↓

問い合わせ

このような動画は著作権的に大丈夫なのか?

webサイトをそのまんま出して
動画にするって、著作権的にどうなの?

と思われると思います。

ご紹介した動画については、
「引用」の範疇と運営者も判断した上で
アップロードしていると思われます。

引用(いんよう、英語:citation, quotation[1])とは、広義には、自己のオリジナル作品のなかで他人の著作を副次的に紹介する行為、先人の芸術作品やその要素を副次的に自己の作品に取り入れること。報道や批評、研究などの目的で、自らの著作物に他の著作物の一部を採録したり、ポストモダン建築で過去の様式を取り込んだりすることを指す。狭義には、各国の著作権法の引用の要件を満たして行われる合法な無断転載[2]のこと。

引用は権利者に無断で行われるもので、法(日本では著作権法第32条)で認められた合法な行為であり、権利者は引用を拒否することはできない[3]。権利者が拒否できるのは、著作権法の引用の要件を満たさない違法な無断転載等に限られる。

  • 引用する分量を抑えなければならない。
  • 引用するには目的(必然性)が必要であり、それに必要な量しか引用してはならない。
  • 質的にも量的[5]にも、引用先が「主」、引用部分が「従」の関係になければならない。ただし知財高裁平成22年10月13日(鑑定証書カラーコピー事件)判決においては主従関係は要件とされていない[6]
  • 引用を独立してそれだけの作品として使用することはできない。

Wikipediaより

上記を見ると、動画の主な内容がオリジナルであれば、
権利者に無断で記事を引用してよい、という風に読めます。

とはいえ、「引用する分量」とか
「主従」の関係とか、曖昧な部分が多く、
はっきり言ってめっちゃグレーです(笑)

安全性を重視するなら、
パワポやワードに記事をリライトして
それを元に喋るのがいいと思います。

↑この場合、作業時間が30分追加になりますね。

まあ、この先については、
取り組むジャンルやその人のキャラ、
喋る内容などで個別の微調整が必要になりますので、
ここでは説明不可能です・・・

この手法に向いてる人

自分の意見がある人、
あるいは何か教える内容がある人が
向いてます。

歴史雑学やビジネス論など、
インテリなジャンルで語ったり、
例に挙げた動画のようにニュースを
自分の視点で切り取る能力が必要です。

大前提として、ある程度の
トークスキルも必要ですが、
詰まったところから録り直せば
それっぽくなりますのでOKです。

===========
初めての方へ

オカザキです。

僕は今、インターネットを利用して
たった1人でビジネスを行って、
それで家族4人を養ってます。

通勤の必要もないし、
場所も時間も選ばないので
かなり楽な人生を歩めてます。

ネットで自在に収入を得るための
方法を無料で公開してますので、
よろしければ目を通してみてください。

質問や雑談も受け付けてます。

LINE登録後にプレゼントの
URLが送られてきます↓

友だち追加

LINE使ってないって方は↓

名前
メールアドレス

※GmailやYahoo!メールなどのPC用のアドレスを推奨します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です