LINE登録で次世代型YouTube集客の教科書をプレゼント

【動画撮影におすすめ】YouTube用ビデオカメラと一眼カメラ

最近のスマートフォンは性能が良く、高画質な動画撮影が叶うようになっています。

YouTubeの初投稿がスマートフォンだったという方も多いのではないでしょうか?

基本的に殆どのYouTube動画が、スマホ撮影で十分だと個人的には思っていますが、料理やお洒落vlogなど、動画のクオリティで差別化が可能なジャンルもあります。

そのような場合は、カメラのグレードアップも視野に入れるといいですが、とはいえ量販店には多種多様のカメラが並んでます。

いったいどれにすればいいのか・・・

今回は、撮影機材のアップグレードを検討されている方へ、おすすめのビデオカメラと一眼カメラの違いをお伝えしながら、商品を価格別に紹介します。ぜひ、参考にしてみて下さいね。

ビデオカメラ・一眼カメラどちらが動画撮影向きか

YouTubeで活動するためには、撮影用のカメラが必要です。一眼カメラとビデオカメラを同じものとして捉えている方も多いのではないでしょうか?

実は、カメラの種類ごとにデメリットとメリットが存在します。

ビデオカメラのメリットとデメリット

誰でもスムーズに撮影が叶うように設定されているのがビデオカメラです。バッテリーの持ちが良く、長時間撮影にも対応してくれますよ。充電しながらの撮影も叶います。

そして、撮影初心者でも上手に撮影が実現できるよう、手ブレ補正などの機能性が充実しているところがメリットでしょう。

一方で、デメリットを挙げるとすれば一眼のようなこだわりのある動画撮影を希望する方にはビデオカメラは不向きでしょう。ピントをぼかすなど演出で工夫を凝らしたいなら、次に紹介する一眼カメラがぴったりです。

一眼カメラのメリット・デメリット

一眼の良いところは、クールでおしゃれな動画撮影が実現します。背景をぼかし、被写体にピントを合わせられるので、映画のワンシーンのような奥行のある撮影が叶いますよ。

さらに、大きなメリットとしては、レンズ交換が可能であるということ。標準レンズ・広角レンズ・魚眼レンズなど自分好みのパーツを組み合わせて撮影できます。

一方、一眼のデメリットは、長時間撮影が苦手なところ。一眼は写真撮影するための機器なので、動画撮影においてはバッテリーの消耗が大きいのが難点です。そのため、長時間の撮影に耐えるには、バッテリーの予備が複数必要になるでしょう。

さらに、一眼は手ブレ補正が弱く、画面が揺れてしまいます。音声関連もビデオカメラに比べるとあまり良くはないでしょう。

つまり、一眼カメラはミュージックビデオのような演出にこだわった撮影におすすめですが、シンプルに動画を撮影することが目的の方はビデオカメラが最適です。

動画撮影カメラ選びで大切なポイント

一眼カメラやビデオカメラを選ぶ時に、確認しておきたい大切なポイントがあります。

マイク端子の有無

一眼カメラよりビデオカメラの内蔵マイクは性能が良い傾向。しかし、多少なりともノイズや音割れ、音が拾えないなどの音声トラブルは起こります。

そのため、録音用マイクが必要になるので、設置できるかを左右するマイク端子の有無は要確認です。

画質はフルHD(1920×1080対応)がおすすめ

私たちが日常で視聴している、テレビやYouTubeの映像はフルHD対応のものがほとんどです。そのため、視聴者による視聴ストレスを回避するためにも映像の最低規格はフルHDを選ぶと良いでしょう。

昨今では、テレビなどでフルHD よりも高画質な4K(3840×2160)が浸透しています。けれど、4Kの動画を編集するには対応ソフトが必要になり現実的ではありません。

結果的に、そこまでこだわりがないようであれば、一旦フルHDから始めてみると良いでしょう。

価格別おすすめのビデオカメラ

カメラを購入しようと思いAmazonなどのサイトで検索しても、種類が豊富でどんなものを選べば良いのか迷ってしまいますよね。そこで、ここからは、おすすめのカメラモデルを価格別に紹介していきます。

5,000円~20,000円のおすすめモデル 

Panasonic-HC-V360MS

「Panasonic HDビデオカメラ HC-V360MS」 は、リーズナブルな価格と初心者でも使いこなせるような分かりやすい操作方法が魅力です。Amazonでは、23,000円近くで販売されていますよ。

特徴は、手ブレや傾き補正があり光学50倍/iA90倍の高倍率ズームが叶います。そのため、遠くの被写体も鮮明に映し出せますよ。内蔵メモリーは16Gあるので、1080/60p(約28Mbps)設定で約1時間20分間の録画が可能です。

さらに、HEモードなら約6時間とロングタイムで撮影可能な優秀モデル。ただし、外部マイク端子は無いので、自分の使用スタイルと合うか確認しておきましょう。

商品リンクはこちら

パナソニック HDビデオカメラ V360MS 16GB

50,000円~100,000円のおすすめモデル

SONYFDR-AX45

「SONY FDR-AX45」 は、YouTubeでもよく使用されている人気モデルです。Amazonで78,000円前後で販売しています。

特徴は、高画質の4K/30fpsに対応可能です。プロ用ではありませんが、十分満足のいく撮影が叶うでしょう。機能的には、空間光学手ブレ補正や、高感度マイクカプセルが採用されています。

ハイビジョン撮影で、最高録画時間は約15時間50分となっています。マイク入力にも対応しており、使いやすさは抜群です。 高画質の4K対応で、HDR-CX680のフルHDでは物足りない方におすすめのモデルでしょう。

商品リンクはこちら

SONY ビデオカメラ FDR-AX45

価格別おすすめの一眼カメラ

ここからは、一眼カメラのおすすめを価格別に紹介していきます。

ちなみに、一眼カメラはビデオカメラのように低価格モデルは少ないので注意しましょう。

低価格の一眼レフは推奨しない

一眼カメラは最低でも4万円以上するといわれています。4万円以下のものを探している場合、中古品なら購入できるかもしれません。どうしても一眼で動画撮影を希望する方は、中古品を検討してみるのも良いでしょう。

ただし、4万円台の低価格モデルはより上質な動画を撮影したい時には性能が追い付かず、不向きでしょう。一眼の相場は、最低でもボディで6万円、レンズ込みでも8万円はします。

そのため、いきなり高額なモデルを購入しなくても、YouTubeでの活動を本格的に始める時に使い始める道もありますよ。

50,000100,000円のおすすめモデル

パナソニック LUMIX DC-G100K

「パナソニック LUMIX DC-G100K レンズキット」は、Amazonなら9万円台で販売していますよ。

有効画素数に優れており、高画素な「20.3M Live MOS センサー」を搭載、一応4Kの動画撮影も出来るので所有欲も満たしてくれます。

また、録画ボタンなどが付属しているトライポッドグリップを装着すれば、手持ち撮影が快適に出来ます。

商品リンクはこちら

パナソニック Vlog ミラーレス一眼カメラ ルミックス G100K 標準ズームレンズキット

番外編

最近ではvlog用に様々なカメラがあります。

こんなのもよく見ますよね↓

これなら49500円と比較的リーズナブルな上、ジンバルも内蔵しているので、手ブレに強い、撮影しやすいカメラと言えるでしょう。

4Kにも対応してますし、そこそこのクオリティの動画が撮れるでしょう。

とはいえクオリティにおいては一眼にはかなわないと思いますが。

商品リンク

DJI POCKET 2

自分に合った予算と機能性から最適なモデル選ぶ

映像に対してこだわりが少ない方は、高額な一眼カメラを購入する必要はないでしょう。それよりも、自分の予算にマッチする価格帯のモデルがおすすめです。

ただし、リーズナブルさだけに魅力を感じて選んでしまうと、機能性に満足できず買い直しが必要になる場合も。結果的に、損してしまいますよね。

そのため、自分がどんな用途、どんなスタイルで動画撮影に挑みたいかをしっかり決めましょう。そのうえで、自分の使い方に合った機能が備わっているものを選ぶことをおすすめします。

 

顔出しなし。1日2時間の作業からコツコツと。素人でもびっくりするほど簡単にわかるYouTubeの教科書を無料でプレゼントしてます。どんな手順で作ると動画はヒットする? ビジネスYouTubeでやってはいけないことは? 一分間で初心者でもYouTubeスキルが身につく3択問題3選はこちらから↓


※友達登録で無料プレゼント中!
🎁3択3問であなたを救う!YouTube講座
🎁スマホでOK!今日から始めるビジネスYouTube入門
🎁再生数に頼らないビジネスYouTubeとは?
🎁稼げるジャンル選びについて
🎁初心者が月収30万を稼ぐシンプルな方法
🎁YouTubeを使って高額商品を売る方法
🎁YouTubeで成功出来る人と出来ない人の違いとは?
etc

コンサル生の成果についてはこちらをご覧ください。

名前
メールアドレス

※GmailやYahoo!メールなどのPC用のアドレスを推奨します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です