YouTube 弱小チャンネルの再生数を増やす方法

チャンネルパワーさえついてしまえば
YouTubeほど楽なゲームはありません。

が、そこに到達するまでが非常に大変なのは、
あなたも身にしみて実感しているかも知れません。

最初は本当に再生されません。

大抵の人が、チャンネルに動画を
30本も上げずに嫌になってやめていきます。

今回は、この苦しい参入初期の
正しい過ごし方(笑)をご説明します。

とにかくキーワード

タイトルにキーワードを入れない人が結構います。

最低限キーワードを入れましょう。

タイトルの一番先頭にメインのキーワードを入れ、
続く文中にサブのキーワードを入れます。

サブのキーワードはすごく大事です。

これを設定することで、
限定的な範囲での検索上位を狙えます。

ニッチを狙うということですね。

あなたがロシアの戦車について情報発信したとして、
「戦車」というキーワードだけだと
検索結果もこんな感じです。

ところが、「戦車 ロシア軍」で検索すると

こうなるわけです。

最終的に「戦車」で検索上位に行ければいいですが、
まずは「戦車」「ロシア軍」というニッチで
勝つことにより、アクセスを稼ぎます。

キーワード選定については
グーグルトレンド
サジェストキーワードなどを
使用してみてもよいです。

とにかく需要のあるキーワードを使い、
そこから内容を決めてく感じでよいです。

キーワードはYouTube検索に効くだけでなく
Google検索にも効きます。

Googleは動画を優遇する傾向にあるので、
特に動画を想起させるようなキーワードだと
比較的強いです。

キーワードはタイトルだけでなく
動画説明欄、タグなどにも
含めるようにしてください。

大事なのは、AIがこのチャンネルは
〜のジャンルなんだなと、はっきり分からせて
あげることです。

でないと、よくわからない雑多なチャンネルと判断され
いつまでたっても何をやってもチャンネル評価が
上がりません。

関連動画、トップ画面への露出

キーワードで視聴者を呼び込みながら
最終的には様々な動画の関連動画に表示されたり
視聴者のYouTubeトップページに表示されることが
重要です。

重要というか、ここへの露出が増えることで
勝ちとなります。

ただし、これに関しては
チャンネルパワーを強めるしかない。

毎日定時の投稿(予約投稿あり)や
安定した視聴維持率などが求められます。

視聴維持率に関しては、
当然短い動画の方が相対的に高くなるので、
(1秒の動画なら、ほぼ視聴維持率100%になります)
長い動画だけでなく、短いのを定期的にアップすると
よいでしょう。

タイトルやサムネで釣るタイプは
再生数こそ稼げますが、
視聴維持率にとってはむしろ逆効果です。

「メッシのゴールシーン」

というタイトルで、
メッシの生い立ちから現在にいたる
ストーリーをテキストで流したら、
動画開いた瞬間にがっかりして離脱する
視聴者が続出するでしょう。

このタイトルだと明らかに
視聴者は動画を期待します。

結果チャンネル評価ダダ下がりです。

YouTubeのアナリティクスを日々みて改善

あとはなんと言っても試行錯誤ですね。

何事もそうですが、試行錯誤がないと
成功できないし、あなたの中に勝ちパターンが
蓄積されないので、常にまぐれ狙い
という不安定な日々となります。

アナリティクスについては、
視聴維持率は最低限みましょう。

平均再生時間3分以下だと、ちょっと内容のテコ入れが
必要かも知れません。

ちなみに僕の占いチャンネルは、
↓この体たらくです(笑)

ユーザーを引き込むための
工夫が必要ですね。

あとはトラフィックソースで
検索キーワードを確認します。

チャンネル内で検索需要の多いキーワードが
表示されます↓

ここ3日間ぐらい、
小室圭さん関連の動画をアップしてましたが、
元々皇室系ニュースやってたチャンネルなので、
やはり圧倒的ですね。

こんな感じで検索需要を見ながら
いろんなタイトルを試しましょう。

また、関連動画を確認することで、
自分のチャンネルと相性のいい
チャンネルを見つけることが出来ます。

関連動画についてはこちらを確認してください。

関連性が高いとYouTubeから判断されたチャンネルなら
そのチャンネルの最新動画のURLを
あなたの動画の説明欄に貼ってみても良いと思います。

とまあ、こんな感じで常に試行錯誤することが
大事です。

勝ちパターンを探しながら頑張りましょう。

より詳しいYouTubeのやり方については
メルマガにてお伝えします。

ぜひ登録してくださいね↓

名前
メールアドレス

※GmailやYahoo!メールなどのPC用のアドレスを推奨します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です