YouTube動画に「ほとんどの広告主に適していない」黄色マークが出た時の対処方法について

このブログでも何度か取り上げてる
「ほとんどの広告主に適していない」の
黄色マークについて、
最新の対応方法をお伝えします。

突然の黄色マークに戸惑う人たち

黄色マークは、ペナルティではありません。

ただ、広告がのりにくいという
YouTube側からのささやかな嫌がらせです。

基本的には、スポンサーの望まないような
コンテンツに対し、このマークがつけられます。

ところが、まったく無害で
広告主にも文句言われなそうな動画でも
わりとちょくちょく黄色マークがつくのです。

 

とはいえ、そんなものは、
黄色マーク玄人の僕から言わせれば、
かわいいものです。

「黄色マークが出ました!」

どのくらい出てます?

「1個です!ヤバイでしょうか?」

いや、放置でいいです・・・

「ペナルティですか?どーしたらいいんです?」

焦る気持ちも分からなくないですが、
僕なんか動画一覧のページが真っ黄色なんて
しょっちゅうです。

1個ぐらいでうろたえるなと言いたい(笑)

たまーに黄色が出る程度の人は
放置でOKです。

そのうちすぐに緑になります。

やたらと黄色マークに魅入られた人々

ところがです・・・

メルマガ読者の方にも、
僕と同様に黄色マークが消えずに困ってる人がいます。

そういうのは明らかにキーワードがヤバいジャンルです。

具体的には

・皇室関係
・政治系
・事件事故等

この辺のジャンルで
黄色マークが頻発する可能性が高いですね。

これから参入する人は、
このことを意識してジャンル選びをすると良いです。

YouTubeは何を基準に黄色マークを出しているのか?

一時期はキーワードだけ気をつけてればいいと
思われてましたが、
実際に僕が日々皇室チャンネルに動画を
アップし続けて実感しているのは、

「最近は全部見られてる・・・」

ということです。

タイトルのキーワードはもちろん、
説明欄もタグも、サムネイルも
動画本編も全てです。

僕の皇室チャンネルは
テキストは入れてないのですが、
音声からNGワードを拾われてると思います。

なぜなら、タイトルにキーワードを入れず、
サムネイルも未設定で動画をアップしても、
すぐにAIによって黄色マークをつけられて
しまうのです。

内容を見られてるとしか思えません。

特定の期間内のみチェックされてる可能性

これまで、黄色オンパレードの
皇室チャンネルで色々と改善策を試しました。

で、キーワードを減らしたり、色々やってるうちに、
ある日を境に急にチャンネル全体の動画が
緑マークに変わったのです。

このことから、ある一定期間内の
チャンネル全体のキーワードを
チェックしているのでは?

との考えに至りました。

こういった黄色の出やすいジャンルは、
それだけライバルが挫折しやすいので、
対処法がわかればめちゃくちゃ穴場になります。

今後も検証していきますので、引き続き僕の情報を
チェックしてくださいね。

今実施中の対策

しばらく皇室とは離れた内容をアップしてます。

ただし、少しだけ皇室にちなんだキーワードを使い、
サムネイルは完全に皇室のものを使用してます。

そもそもジャンル変えをするわけではないので
方向転換は最小限に抑えてます。

こうすることで、
動画アップ時に黄色くなるものの
再審査を依頼すると24h以内に緑になります。

しばらくこれでチャンネルを運営して
年が明けたらキーワードに気をつけつつ
皇室系に戻そうかと思ってます。

また進展ありましたらシェアしますね。

YouTubeの基礎的な戦略について知りたい方は
メルマガ登録してください↓

名前
メールアドレス

※GmailやYahoo!メールなどのPC用のアドレスを推奨します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です