YouTube ほとんどの広告主に適していないマークが出た時の対処法

せっかくアドセンス審査を突破したのに
このようなマークが出てしまうことがあります。

これの意味と出た時の対応方法を説明します。

「ほとんどの広告主に適していない」マークは基本無視です

最終的にこういう結論になります。

というのも、これが出てしまう理由や
基準について、我々は一切知らされて
ないからです。

ペナルティではないし、動画全体の
数パーセントに出ている程度なら
収益にもさほど影響はありません。

「あれこれ悩ます無視」
が一番効率がよいです。

とはいえ、何やっても黄色マーク出まくるとか、
怖いからなんとかしたい、と言う人も
いると思うので、もう少し説明します。

「ほとんどの広告主に適していない」マークとは何か?

ご存知の通りYouTubeは
非常に儲かるビジネスです。

我々をはじめ、欲にまみれた人々が
日々たくさんの動画をアップしています(笑)

中には、再生数を稼ぐために
暴力的表現、性的表現、差別などなど、
かなり際どいことをやる人もいて、
実際にそういう動画が再生されまくってました。

そのような状況において、
スポンサーである広告主が

「こんな酷いコンテンツに
ウチの広告は載せられない」

とばかりに一斉にYouTubeを
撤退したのが2017年3月。

この前後から黄色マークが出現しました。

これは、不適切な動画を減らし
スポンサー離れを防ぐYouTubeの
必死の作戦だと思われます。

スポンサーがいなくなれば
報酬が得られませんので、
我々もこの忌々しい黄色マークを
甘んじて受け入れるしかありません。

ただ、誤解されがちなのが、
このマークの出現によって
収益がカットされるようになったわけではなく、
元々ヤバい動画には広告が
表示されにくかったようです。

それが黄色マークによって
分かりやすく可視化された、
ということです。

ブラックリストの存在も?

ただ、これは僕の想像ですが、
ペナルティの累積や通報などにより、
YouTube側からやたら黄色マークを
増やされるケースがあると実感してます。

どんな動画をあげても、何やっても黄色、
という恐怖体験を、僕はしたことが
あります。

「ちょっとこれ黄色過ぎるだろ・・・」

というチャンネルをお持ちの方は、
一度グレーな動画を削除して
清らかなチャンネルにリブランディングする等、
対処した方がいいかもしれません。

僕はそれでチャンネル洗浄しました(笑)

黄色マークが出る基準は?

はっきりしたことは分かりませんが、

・タイトル
・サムネイル
・タグ
・説明欄

上記から判断していると思われます。

ここに不適切なキーワードが入っていると
高確率で黄色が出ます。

暴力や差別、性的表現などなど、
ガイドラインに抵触するものはもちろん、
ジャンル特有のキーワードで、
一見普通なものでもマークされてるケースが
あるので、その辺は各自のジャンルで
探ってみるしかありません。

「ほとんどの広告主に適していない」が出た時の対処法

基本無視でいいと思います。

ほっとくと正常になってることも
多々あります。

アップした直後に黄色くなる場合、
動画を削除してタイトル、タグ等から
怪しげなキーワードを消して
再アップすることで改善するケースが
あります。

ただ、こういった場合も、
1時間もしないうちに
また黄色くなることが多いので、
面倒ならほっといていいと思います。

やたら黄色が多いと言う方は、
全動画のタグを見直して下さい。

前述の僕の黄色チャンネルは、
全動画のタグを「チャンネル名」と
「チャンネルID」だけにしたら
かなり改善しました。

審査をリクエストしたらどうなるか?

これ、選択肢としてアリだと思います。

結構な割合で審査通りますよ。

恐らく、AIでカマかけて、
文句言ってきた奴をパスさせる方が
低コストで動画の品質を維持できると
YouTube側は考えてます。

なので後ろめたい動画でない限りは
再審査をリクエストしていいです。

リクエストすると
YouTubeの中の人の目視が入ると思うので
グレーな方はご注意を。

YouTube側からこんなアナウンスがあります。

収益化および審査のステータスを確認する方法

「ほとんどの広告主に適していない」と判断されたものの、それが間違っていると思われる場合は、人間による審査をリクエストすることができます。

  • チャンネル登録者が 10,000 人を超えている場合: 視聴回数に関係なく、限定公開の動画が審査の対象となります。
  • チャンネル登録者が 10,000 人未満の場合: 専門の担当者による審査の対象となるためには、過去 7 日間で少なくとも 1,000 回視聴されている必要があります。そのため、動画を公開して視聴回数を増やすことが必要になる可能性があります。

これは、審査リクエストが毎日多数寄せられている中で、視聴回数を伸ばせる収益力の高いチャンネルの動画を優先させるための措置です。ご了承ください。

https://support.google.com/youtube/answer/7083671?hl=ja

ただ、1000再生行かなくても
再審査された事例がありますので、
中の人の余裕があれば、
審査してもらえると思われます。

というわけで、黄色いマーク出ても
めげずに頑張りましょう!

もっと詳しい情報が知りたい方は
ぜひメルマガ登録して下さいね↓

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です