2019年 YouTubeの新たな規制?誤情報や陰謀論をおすすめ動画から排除へ!

2019年1月25日、
Youtubeが新しい規制を発表しました。

この規制のせいで、収益に打撃を受けるジャンルが
いくつかあります。

都市伝説・ゴシップ系・スピリチュアル系がヤバいです。

この規制を受けて、一番危ないのは

・「都市伝説・オカルト系」
・「ゴシップニュース系」
・「スピリチュアル系」

となります。

YouTubeの新しい規制って何?

では具体的に見てみましょう。

YouTubeは米国時間1月25日、ボーダーライン上のコンテンツ
(同社のコミュニティガイドラインに「完全に違反しているわけではない」が
それに近いコンテンツ)の推奨を減らしていくと発表した。
これには例えば、「深刻な病気に対するうその奇跡的治療法を宣伝する動画、
地球は平らであると主張する動画、
9/11など歴史上の出来事について露骨に虚偽の主張をする動画」が含まれるとしている。

https://japan.cnet.com/article/35131872/

上記記事によりますと・・・

「天動説」を主張してはいけない、ということになります。
当然、「進化論」についても色々説がありますが、気をつけないと
いけないところ。

キリスト教でも宗派によっては進化論を真っ向から否定してますので、
その辺を突っ込んだらYouTube的にはどうリアクションするのか、
興味があるのでどなたかやってみていただけませんか(笑)

9/11が、実は宇宙人の仕業だったとか、
そういうのも当然だめです。

このことから、都市伝説、オカルト系は
かなり厳しいことがわかります。

ゴシップ系がヤバいといったのは、
アクセス稼ごうと、ガセネタガンガンにアップ
というのは、やはり規制に引っかかるのではないかと
思ったためです。

「ピエール瀧は宇宙人だった」

という動画がバズるかどうかは別として、
これは明らかな虚偽です。

また、最近では、一部スピリチュアル系も
広告がついてない動画が散見されております。

これなんかも、同じような思想のもと、
収益が外されてるのではないかと予想されます。

規制にひっかかった動画はどうなるのか?
というと・・・

YouTubeのレコメンドから外される
ということになります。

YouTubeのレコメンドって何?

YouTubeの最高製品責任者であるNeal Mohan氏は2018年1月、
人工知能(AI)を駆使したレコメンドに誘発された視聴が、
YouTubeでの総視聴時間の70%超に達していると述べていた。
同社は25日、ホームページだけで1日に2億本以上の動画が
推薦されていることを明らかにした。

https://japan.cnet.com/article/35131872/

ってことなんだそうですよ!
全体の70%がレコメンドから視聴されてるって・・・

これ外されるのヤバくないですか???

「ほんとYouTubeさん勘弁してくださいよ!」
「稼がせてくださいよ!」

って言いたくなりますよね(笑)

ガイドライン強化の意図は?

「深刻な病気に対するうその奇跡的治療法を宣伝する動画」

とありますが、
例えば、ブログでは医療とか専門性の高い分野について、
その道の専門家の記事を優先的に上位表示する、
といった施策が段階的に実施されています。

YouTubeというのは世界第2位の
検索エンジンでもあります。

Googleが検索エンジンにおいて何を重視しているか
というと、

「知りたいことを最速で正確に表示」

ということなんじゃないかと
思っております。

ジョジョのスタンドに例えるなら
空条承太郎の「スタープラチナ」の
スピードと正確な動きですね。

つまり、ユーザーが何か知りたい情報を
検索した時に、嘘とか煽り記事ばっかだったら
検索エンジンとしての価値が下がる、
ということをGoogleは恐れているわけです。

また、政治的なフェイクニュースとかに利用されるのを
企業として避けたいという意図もあるでしょう。

巨大プラットフォームも、
社会的責任とか色々大変です。

YouTubeの規制を逃れて売れる動画を作るためには

情報系のチャンネルをやる場合、

「エンターテイメントというよりは
視聴者に役立つ正確で親切な情報を
わかりやすく届ける」

という意識が必要です。

とはいえ、全てが全て
情報系のチャンネルばかりではないし、
YouTubeってのはエンターテイメントでも
あるわけですからね。

そういう、明らかに娯楽目的のジャンルであれば
気にする必要はないです。

その辺がギリギリのものですね。

水にありがとうと言うと
綺麗な結晶になるとか・・・

あるいは政治的バイアスのかかった内容を
さも公正であるかのごとく主張したりとか。

そういうのが規制の対象になると思います。

ひとまず、そう言うギリギリのところを
攻めてた人は、
「これは娯楽的な内容であり、事実ではない」
的な注意書きを動画の冒頭とか説明欄に
ガンガンに貼る、という対策を
とった方がいいと思います。

それでも再生数が伸びなかったり広告が
外されたりしたら、
潔くジャンルを変えましょう。

YouTubeで成果を出したい方、
もっと詳しい情報が知りたいという方は、
メルマガ登録お願いします↓

名前
メールアドレス

※GmailやYahoo!メールなどのPC用のアドレスを推奨します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です