2019年 YouTubeテキストスクロール動画はもう稼げないのか?

「テキストスクロール動画はもう稼げないのか?」
という質問をよくいただきます。

実際のところどうなんでしょう?

結論からいいますと、

YouTubeテキストスクロール動画はまだ高確率で稼げます

2019年に入っても、
結構アドセンス審査を突破してます。

ユーチューバーや撮影系と比べると
審査の優先順位は下げられてる気はしますが・・・

コピペ主体のテキストスクロール動画は
常に収益剥奪の危険があるため、
ここで具体的な情報は出しませんが、
審査をパスしたケースが複数あることは
間違い無いです。

審査落ちするテキストスクロールチャンネルも
もちろん存在しますが、
それをいうなら、電撃ランキングチックな
ハイクオリティチャンネルも、
Vチューバーのチャンネルですらも、
審査落ちするケースがあります。

要するに

「YouTubeわかんねー・・・」

というのが正直なところ。

そもそもなんでテキスト動画が存在するの?

こう思われる方も多いでしょう。

テキストがただ流れるだけの
何の価値もないゴミ動画が
なんで多数アップされているのか?

動画観ようと思ったら
テキストスクロールだった時の
腹の立つこと・・・

とまあ、感情的になってしまうのも
分かります。

では、どんな人がテキスト動画を
見てるかというと、

高齢者と出勤中のビジネスマンです。

で、その層の需要が半端ないのです。

僕もテキスト動画はリサーチ以外で
一切見ませんが、需要はメチャあります。

僕も相当に稼がせてもらいましたし(笑)

テキスト動画は
すぐには無くならないんじゃないかと
思ってます。

テキストスクロール動画の問題点とは?

去年、YouTubeのガイドラインに
この文言が加えられた時は、さすがに

「テキスト動画終わったかも・・・」

ってちょっと思いました。

↑テキストで稼いできた人間からすると、
これ読むとすごい怒られてる気持ちになります(笑)

テキストスクロール動画というのは、
もともとコピペとセットになった方法論なので、
そういうのを量産するのはやめてくれ、
と言うことなんだと思います。

特に注意が必要なのが、

「第三者のコンテンツを合成音声が読み上げたもの」

の部分です。

YouTubeにはソフトウェアの音声はすでにバレバレだし、
しかもあまりいい印象を持たれてないばかりか、
音声からテキストを拾われてコピペとバレる恐れがあります。

ただ、これを読む限り、オリジナリティがあって、
引用の範囲を超えない引用できちんと自分の意見(価値)を
提供しているものであれば、
テキスト動画という手法自体に問題はないように思えます。

その価値というものを、手間暇かけることで醸し出すのが
いわゆるハイクオリティ動画の手法ですね。

そこまで手間をかけたくないのであれば、
「ちゃんと自分の意見を言う」
という、表現者として至極真っ当なことをやれば、
簡単な動画でも良いと思います。

とはいえ実際のところは、(ほぼ)コピペスクロール動画が
今でもアドセンス審査を高確率でパスしてます。

これからもテキスト動画で稼げるのか?

稼げると思います。

ただし、テキストスクロールでは、
仮に月100万円稼げるようになっても
安心な日々はおとづれません。

YouTube側の上述のガイドラインがある限り、
いつ何時、収益を剥奪されるか
わからないですからね。

すでにテキストで稼ぎまくってる人は、
徐々にハイクオリティ動画とかに
シフトチェンジしてます。

これから稼ごうと言う人も、
やがてはそっち方向に舵を切る意識は
持っておいた方がいいです。

これからは視聴者に価値を与えることを意識しましょう

なんか道徳の授業みたいなこと言ってますが、
外注化しやすいか?とか、
どこまで手間かければコピペ判定されないか?
とかばっかり考えてやるのは、
ビジネスとして消極的すぎるし、いずれは先細ります。

今だってどんどん稼げるジャンルが減ってますよね?

視聴者はこういうことを知りたがってるんじゃないか?
俺の思いついたこのネタ、こうすれば視聴者は
飽きずに観てくれるんじゃないか?

そんな真っ当な姿勢でコンテンツを作ることが、
今後は求められるし、
そうすることであなたのチャンネルの
資産価値は飛躍的に高まると思います。

とはいえ、稼げるうちは
テキスト動画でもBuzzVideoでも
ガンガンに稼いじゃってOKです。

グレーだろうがなんだろうが、
稼げる時はそれにのっかるのが基本です(笑)

その辺のさじ加減を知りたい方は
ぜひ無料講座をゲットしてみて下さい↓

名前
メールアドレス

※GmailやYahoo!メールなどのPC用のアドレスを推奨します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です