少年革命家ゆたぼん君にザワつく人たち

茂木先生以外総ツッコミな感じですが(笑)

ここのところ何かと話題のゆたぼん君。

なんでも、宿題をやらされるのが嫌で拒否しまくって、
それで他の生徒が先生の言うことを聞くロボットに
思えて学校に行かなくなったと。

で、親を調べると「心理カウンセラー」
「自由人」という肩書きを持つ
元ヤンキーの方という・・・

「極端な親に洗脳されたクソガキうぜえ・・・」

というのが一般的な感想でしょうか?

まあ、確かに叩かれるだろうなとは思います。

ただ、すごく気になるのが、
批判してる皆さん、学校とか教育とか
協調性とか、そういうドラマとかで
悪役になりがちなものを
ここへきて大絶賛しまくってます。

「俺も学校なんか行きたくなかった・・・
でもそこをこらえたからこそ今がある」
「思えば学校教育は素晴らしかった!」

みたいなことを言ってます。

みんな、宿題、受験、仕事といった、
やりたくもないことをやらされ続けた人生を
しかたなく、肯定的に受け入れるしかないわけです。

それをぽっと出のガキに真っ向から否定されたら
めちゃ腹たちますよね(笑)

でも、こんな程度のことでいちいち感情的に
なっちゃダメです。

僕らはゆたぼん君を見て、

「ふうん・・・」

としか思いません。

宿題やりたくないから学校行かなくたって
別にいいんですよ。

結果どういう大人になるかも
あまり興味ありません。

他人の子供なんてそんなもんです。

「自分自身のスキルでいかようにも生きていける」
というのはそういうことです。

周りがなんと言おうと、
世の中がどうなろうと、
自分の力で自分の望む環境を手に入れ続ける。

それだけです。

あなただって、やりたくないことと
無縁の人生にレーンチェンジ出来るんです。

ゆたぼん君を見てただイラつく人生より
そっちの方が良くないですか?

ちょっとだけ頭を柔軟にして
人生のほんの一時期頑張るだけでいいんです。

ゆたぼん君だって、子供ながら
それなりのリスクを背負ってるわけですから、
それに比べたら楽勝ですよ。

そっちの生き方に興味のある方は
ぜひぜひ、メルマガ登録して下さいね↓

名前
メールアドレス

※GmailやYahoo!メールなどのPC用のアドレスを推奨します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です